<そうじのスペシャリスト養成講座・DVD>
ガラス清掃のスペシャリストになれる!

■ガラス清掃DVD特別限定セット■
期間限定特別販売
     


 ガラス清掃は、だれでもできそうな仕事ですが、経験と技術力によって、作業結果(仕上り)と作業スピードに大きな差ができる仕事です。

 例えば、普段ハウスクリーニングを中心に仕事をしている人が、ビル・店舗の広い面積のガラス清掃をしても、ビルを専門にガラス清掃をしている人と作業量の比較すると、想像以上の差がでてきます。
  逆に、ビル専門の方が住宅のガラス清掃をすると、細かい部分の仕上げに差が出てきます。

 このように、清掃の対象となる建物によって、作業方法・作業スピード・仕上げ方に大きな違いがでてきます。
 また、請負価格の下落傾向にある現在、たとえ安くても利益を確保できるよう、作業スピードも重要となっています。

 このようなことから、おそうじ情報館では、「ガラス清掃の実技〜店舗のガラス清掃〜」「住宅のガラスとサッシ洗浄」「ガラス清掃セミナービデオ」の3種類を制作しました。

 ところが、「住宅のガラスとサッシ洗浄」のビデオについては、「ビデオ・DVD会員」だけに販売され、一般販売されていませんでした。

 そこで今回は、 「住宅のガラスとサッシ洗浄」のビデオの一般販売と3種類がセットとなった「ガラス清掃シリーズ」の特別販売を平成21年8月31日まで実施することとなりました。

 興味のある方は、ぜひこの機会にご購入いただければと思います。
 尚、今回の特別販売は、3種類のセット販売のほか単品での特別販売も実施します。

 ビデオの詳細は、以下のとおりです。


<ガラス清掃DVD特別限定セット>
【1】
ガラス清掃の実技

〜店舗のガラス清掃〜
  (DVD1本58分、通常価格12,600円)

【1】店舗のガラス清掃の特長について
 店舗のガラスは、住宅のガラスとちがい、ガラスが大きいので、脚立・はしご・ポールなどを使用するケースが多くなります。また、店舗によっては、荷物や什器がガラスの近くにあったり、カッティングシートが貼ってあったりと、作業しにくい所も多くでてきます。
  このような現場でも、スムーズに作業が進むよう、そのやり方を公開しています。ですからまず、店舗のガラス清掃の特長について知る必要がでてきます。

 このビデオでは、次の5点を中心に店舗におけるガラス清掃の特長を解説しています。
   ●ガラスの大きさ(高さ)
   ●作業面積
   ●汚れの種類
   ●作業時間
   ●作業する上でのポイント

 店舗のガラス清掃に限らず、清掃は「仕上り」が重要です。しかし店舗の場合、作業時間に制限があったり、夜間の作業になったりと、住宅やオフィスビルとは違った作業環境になる場合が多くあります。

   ●このような作業環境では、どんな点に注意するべきか?
   ●時間が迫っている時は、どのガラスを優先して仕上げるべきか?など、実際の現場でのポイントを解説しております。

【2】店舗のガラス清掃で使用する道具
 ガラス清掃で使用する道具と言えば、スクイジー・シャンプー。大きさや材質など様々な種類がありますが・・・
 あなたはどのような基準で道具を選択していますか?

 例えば、シャンプーカバーは、保水性が 高い物・低い物があります。これらは、どのようなシーンで使い分けるか、ご存知でしょうか?

  スクイジーの大きさは、何を基準で選択していますか?
  まさか、ガラスの大きさからスクイジーを選択していませんよね?

 このビデオでは、店舗のガラス清掃で使用する基本的な道具と、その選択方法について学ぶことができます。

【3】作業手順と道具の使い方について
(1)準備
 ガラスの洗浄に入る前の「道具の準備」「養生」などは、極めて重要です。これをきちんとやるか、やらないかで、作業効率も大きく違ってくることがあります。
 ちなみに左の写真は、本棚をバスタオルで養生しているシーンですが、これには大きな間違いがあります。一体どこが間違っているのでしょうか?

(2) ポスターをとる方法
 「こんなの三枚刃を使ってやれば簡単!」と、思う方が多いと思いますが、剥がし方が不適切である為に、ガラスにキズを入れてしまうことも意外と多いのです。
 ですから、経験の浅いスタッフがいる場合、まずこれから教えてください。キズは、元に戻せませんので!

(3) 洗浄前にやるべき作業
 店舗外側のガラスは、土砂類の汚れが多くあります。土砂類の汚れが多い場合は、いきなりシャンプーとスクジーで洗浄しても、仕上げ拭きで苦労します。
では、具体的に、ガラスのどの部分に、何をしておけばいいのでしょうか?
これをきちんとやっている人は少ないと思います。これを事前にやるだけで、スクイジーをかけた時スジが残りにくくなります。

(4)シャンプーの使い方
 初心者でも簡単にできそうですが、シャンプーの角度に注意しないと、まわりに洗剤が飛び散りやすくなりクレームも増えてきます。特にポールでの作業では注意する必要があります。
では、どうすればいいでしょうか?
 その一例が左の写真です。
 なぜ、このような角度をつけていると思いますか?その答えは、ビデオにて・・・

(5)スクイジーの使い方
 スクイジーをかける上で一番重要なのは、スジを残さないことです。スジが多く残っていれば、仕上げ拭きにも多くの時間がかかってしまうからです。
 ガラス専門の職人さんの作業スピードが早いのは、スジが残りにくいスクイジーの動かし方をしているからです。だから、仕上げ拭きも、コーナー部分だけで済むわけです。
 このビデオでは、ガラス清掃のスペシャリストのスクイジーの動かし方をマスターすることができます。

(6) カッティングシートが貼ってある場合の対処方法
 店舗であれば、カッティングシートが貼ってあるガラスは、数多くあります。この場合、シャンプー・スクイジーで洗浄すると、カッティングシートが徐々に剥がれてしまいます。そうならないためにも、ウエスを使って洗浄していきますが、ウエスの使い方を誤れば結果は同じです。では、どうすれば、カッティングシートを傷めずに洗浄することができるでしょうか?
このビデオでは、カッティングシートを貼ってあるガラスに対する、適切なウエスの使い方を学ぶことができます。

(7)小さいガラスの洗浄方法
 店舗のガラスは、大きいものだけでなく、小さいガラスもあります。小さいから簡単だと思うかもしれませんが、問題は「いかに効率よく早く洗浄するか」ということです。
 このビデオでは、洗浄スピードを重視した二つのやり方を公開しています。参考にしてください。

(8) スクイジーの動かし方
 スクイジーは、縦と横に動かしていくのが基本ですが、店舗のガラスのように大きくなると、「縦と横」を組み合わせた「まわす」動かし方をしなければ洗浄に時間もかかります。
「まわす動かし方」のメリットは・・・
   ●スジが残りにくくなる。
   ●大きいガラスでは、洗浄スピードがアップする。
   ●プロらしく見える!

と、いいことだらけですが、 「縦と横」の動かし方の基本ができていなければ、ガラス中央部分にスジが多く残ってしまいます。
 このビデオでは、スクイジーの動かし方の基本から応用までを学ぶことができます。

(9)動かせない障害物がある場合の対処方法
 ガラス清掃についての質問で多いのが、ガラスの前に動かせない物がある場合の洗浄方法についてです。
 このような場合であれば、ポールを使って、横からやればいいと思うかもしれません。
しかし、横からできないとすると・・・?
 このやり方は、上級者向けとなりますが、様々なシーンで応用できます。

以上が、このビデオ・DVDで公開している内容の一部です。その他「ポールを使った洗浄方法」「はしごを使った洗浄方法」などを、現場での作業光景を元に解説したビデオとなっております。


<ガラス清掃DVD特別限定セット>
【2】

■住宅のガラスとサッシ清掃の実技■
(DVD1本65分、通常価格12,600円)

【2】住宅のガラスとサッシ清掃
 
特別限定セットの2つ目は、「住宅のガラスとサッシ清掃の実技」です。

  住宅のガラス・サッシは、店舗やビルのガラスに比べ面積が小さいのに意外と作業時間がかかります。

 その理由のひとつを挙げると・・・
ガラスだけでなく、サッシもきれいにしなければならないケースがほとんどだからです。

 店舗やビルのガラス清掃であれば、スクイジーでの洗浄が一般的です。しかし、住宅のガラスの場合はというと・・・
 スクイジーでの洗浄も行いますが、状況によって洗浄方法もかわってきます。つまり、ビルなどのようにスクイジーだけでは上手くいかないことが多いということです。

 たとえば・・・
   ●トイレの小さなガラスとサッシ
   ●出窓
   ●簡単に取り外せるガラス
   ●新品のガラスと中古のガラス
   ●透明なガラスと曇りガラス

と、様々なケースがでてきます。このような状況では、スクイジーだけでは対処できません。状況にあった道具・洗剤が必要になってきます。
 更に洗浄方法も工夫しないと、時間ばかりかかってしまいます。

 そこで、このビデオでは、ガラス清掃でも住宅のガラスとサッシの洗浄に絞り込み実技的なことを中心とした内容となっています。

 内容の一部を挙げると・・・
●ガラス清掃で使用できる洗剤と使ってはいけない洗剤
●サッシの洗浄で使用する洗剤
●新築引渡し清掃・中古住宅・在宅におけるガラス・サッシ清掃の違い
●腐食しているサッシの洗浄方法
●サッシ洗浄を素早く行うための裏技とは?
●曇りガラスで、白い拭き跡が残らなくする方法 
●よくあるクレームと対処方法
 
 以上が主な内容ですが、住宅のガラス・サッシに焦点を当てた内容ですが、店舗やビルのガラス・サッシ清掃にも応用ができる内容になっております。

 なお、このDVDは、ビデオ・DVD会員限定で販売した物でまだ一般販売していないDVDです。

<ガラス清掃DVD特別限定セット>
【3】

■ガラス清掃の基本知識とテクニック■
(DVD3本155分、通常価格15,750円)

【3】ガラス清掃清掃の基本知識とテクニック
 
特別限定セットの3つ目は、「ガラス清掃の基本知識とテクニック〜セミナーDVD〜」です。

  清掃業の方であれば、誰でもやったことあるガラス清掃ですが、苦手としている方も多いのではないでしょうか?苦手としている主な理由を聞いてみると・・・  

★自己流で掃除の仕事を始めたのでスクイジーの動かし方が分からない!
★きれいにすることはできるが、時間がかかる
★素材に対する知識が少なく、どんな道具・洗剤を使ったらいいか?分からない。
★スクイジーを使ってもきれいにできない。
★見積りを出す時、どう積算したらいいか?分からない!

また、次のような失敗事例も多くあります。

   ●洗剤のアトが消えなくなってしまった。
   ●ガラスにキズを入れてしまった。
   ●ガラスが変色してしまった。

 こんな方の為に「ガラス清掃の基本知識とテクニック」に関するセミナーを開催しました。講師は、高所作業専門の清掃会社(有)二葉の橋本さんです。

 私は約17年スクイジーを使っていますが、スクイジーに対する認識が変わった!
これが「ガラス清掃の基本知識とテクニック」セミナーにおける私の感想です。

 それでは具体的にどんな内容のセミナーであったか?少しだけご案内いたします。

▼「どうして早くきれいにできないのか?」と悩む方多くの方の場合、スクイジーに対する考え方に間違いがある場合があります。その間違いとは?
 普通はスクイジーの動かし方に注目します。ガラス専門業者のように「まわす技術」をマスターすれば早くきれいになるという認識です。
 ところが、なぜスクイジーをまわすのか?この理由が分からなければ、永遠にガラスを早くきれいにすることはできません。スクイジーを使用する場合、動かし方よりも◯◯◯が重要です。
これを理解するだけで、一瞬にしてガラスがピカピカにすることができます。特に初心者にスクイジーを教えるにはこれがキーとなります。

▼スクイジーは何の為に使うのか?
 スクイジーの本来の目的を理解できると道具選びも明確になります。ふつう「スクイジーでガラスをきれいにする」と考えがちですが、ガラスをきれいにするのはスクイジーではありません
  そのことに気付いていない人が意外と多いのです。きれいにするという目的を達成するには、スクイジーの役割を理解すれば、どんな洗剤・どんな道具を使えばきれいになるか?明確になります。

▼「粉拭き」ってご存知ですか?現在はスクイジーが主流ですが、昔はこれでガラスをきれいにしていました。現在でも充分活用できます。
 ガラスの種類・大きさにもよりますが、粉拭きはスクイジーを使うよりも早くきれいにすることができます。
 理由は単純です。作業工程がスクイジーよりも少ないからです。
 しかし欠点もあります。
●材質によっては使用できないこと。
●慣れるのに時間がかかること。

 以上のような欠点もありますが、粉拭きをマスターすると通常の拭き掃除が上手くなります。逆を言えば、拭き掃除が下手な人は粉拭きはできません。

▼「粉拭き」はガラスだけでなく意外なところでも使えます。 粉の性質・特長を理解できればさまざまなシーンで応用できます。
 昔の清掃方法ですが、現在でも使い方次第では無駄 な洗剤を使わなくてもきれいにすることができます。つまり資材費の節約にもなるのです。

▼落ちそうもない汚れに対して「この汚れ落とせますか?」とお客さんから聞かれたら、あなたはどう答えますか?
「落とせます」と言って落とせなかった場合は技術者として信頼されなくなるのは明白ですが、「落ちません」と答える場合は、明確な理由を説明する必要があります。 しかし、この明確な説明ができないために・・・
「なんとかやってみます」と言って洗浄してみたものの、「やっぱりダメだった」 「なんかいい洗剤ないだろうか?」とか「どうやって落とせばいいんだろうか?」とあちこちに電話をかけまくった経験はだれでもあると思います。
 作業前に明確な理由を説明できれば、無駄な時間をかけたり、悩んだりすることはないのです。この「明確な説明」のキーとなるのは「汚れと変色の違い」を理解することにあります。これが理解できると、お客さんに明確な説明ができるとともに、信頼されるようになります。
つまり「デキル職人」を演出することができるのです。

▼だれでも経験ある「クレーム」ですが、資機材の使用ミスによる失敗・クレームは致命的です。洗剤の使用方法のミスで素材を傷めてしまうとプロ失格とみられてしまいます。
 洗剤の使用ミスによる失敗の原因は、洗剤で汚れを落とそうとすることにあります。洗剤に頼りすぎるためにガラスを傷めてしまうケースが多くあります。 洗剤で失敗しないためには、素材・汚れ・洗剤についてよく理解することにあります。 このセミナーでは「失敗しない為のガラス清掃ノウハウ」を得ることができます。

以上が「ガラス清掃の基本知識とテクニック」に関するセミナーで公開された内容の一部です。
清掃業の方であれば、誰でもやったことあるガラス清掃ですが・・・
誰でも簡単に出来そうな点に落し穴があります。
素材・汚れ・洗剤についてよく理解して作業しないと「プロ失格」となってしまいます。
是非このセミナービデオでガラス清掃の基本をマスターして下さい。

 このガラス清掃特別限定セットですが、その概要は以下のとおりとなります。




 この特別限定セットの中には、「ビデオ・DVD会員」限定商品が含まれておりますが、このセットに限り一般の方も買うことができます!
 価格・ご注文方法・お支払い方法などは次のとおりです。

<そうじのスペシャリスト養成講座・DVD>
ガラス清掃のスペシャリストになれる!

■ガラス清掃DVD特別限定セット■
期間限定特別販売
     
■販売価格

■ガラス清掃DVD特別限定セット
 ★3種類・DVD5枚のセット
【1】ガラス清掃の実技 〜店舗のガラス清掃〜

  ●DVD:1枚  収録時間:58分
  ●通常価格:12,600円(税込)
【2】住宅のガラスとサッシ洗浄 〜基本編〜

  ●DVD:1枚  収録時間:65分
  ●通常価格:12,600円(税込)
【3】ガラス清掃の基本知識とテクニック 〜セミナーDVD〜

  ●DVD:3枚  収録時間:155分
  ●通常価格:15,750円(税込)


 通常価格40,950円(税込・送料込)のところ・・・
 平成21年8月31日まで、20セット限定となりますが
   
29,800(税込・送料込)


■ご注文方法 

 ご注文方法は、次のとおりです。

●このホームページからのご注文は・・・
  こちらのご注文フォームよりお申込みください。
 (メールアドレスを入力しなくても注文することができます)

 


●メールでのご注文は・・・
  商品名(ガラス清掃特別限定セット)・会社名・お名前・ご住所・お支払方法・電話番号・FAX番号を明記の上、以下へメールを送信してご注文下さい。
  info@kaiyuu.com


●お電話によるご注文は ・・・
 電話番号 03-3657-5161(カイユウ商事 高根まで)

 <受付時間>
 月〜金曜日・・・・9:00〜19:00
 土曜日・・・・・・9:00〜17:00
 日曜日・・・・・・9:00〜12:00
          (日曜日は不定期に休業となっています)

●ファックスによるご注文は ・・・
  商品名(床清掃特別限定セット)・会社名・お名前・ご住所・お支払方法・電話番号・FAX番号を明記の上、以下へFAXをお送り下さい。
 FAX番号 03-5612-7154

※クレジットカードによるお支払いの場合、FAXでのご注文は受付できません。
  ★クレジットカード払いによる注文はこちらをクリック!

■お支払方法

●代引き
 商品お届け時に宅配便業者にお支払ください。


●振込み
 入金確認後の発送となります。
 振込先は、ご注文後、メールまたはFAXにてお知らせいたします。
 振込の場合、ご注文後5日以内にお振込ください。
 5日以内にお振込ができない時は、03-3657-5161までご連絡下さい。
 ご連絡がない場合、キャンセル扱いとなることがあります。ご注意下さい。

●クレジットカード

ソリューション画像


 


PayPalによるお支払いとなります。ご利用には、PayPalへの登録が必要となります。


●その他のお支払い
 官庁関係・公共機関・学校関係で上記以外のお支払方法を希望される場合、お手数ですが事前にお電話にてご相談ください。可能な限り対応いたします。
 03-3657-5161
(担当 高根) 

■納品方法 ●宅配便
ゆうパック・ヤマト運輸・郵便・となります
■納  期 ご注文後 3〜5日程度で納品となります。尚、注文が集中している時は、それ以上の日数がかかる場合もあります。ご了承下さい。
ご注文は、今すぐ!下記のご注文ページにて
↓↓↓↓↓↓



お電話・FAXでのご注文は、・・・・・
お電話 03-3657-5161  FAX 03-5612-7154 でご注文下さい 。
<お問合せ>
おそうじ情報館
カイユウ商事  担当 高根
 東京都葛飾区細田3-35-8  TEL03−3657−5161 
info@kaiyuu.com