床清掃の基本知識DVD

清掃会社を経営している方であれば、
スタッフの技術研修用として活用でき...
清掃業で独立を検討している方であれば、
マニュアル的に活用できる...
床表面洗浄に関するDVD教材のご案内です!

      このビデオは、次のような方を対象とした内容になっております。
        ●ポリッシャーによる床清掃を苦手としている方
        ●これから清掃業で開業を検討している方
        ●スタッフがなかなか育たないとお悩みの会社 
        ●プロ並みにきれいにしたいとお考えの飲食店など店舗様



申込みはこちらをクリック
携帯からはこちらをクリック!

あなたが床洗浄のプロであったとしても・・・
スタッフ全員の技術レベルがアップしなければ、
お客さんが満足するサービスは提供できません!

 こんにちは、おそうじ情報館の高根です。

 ハウスクリーニング・ビルメンテナンスなど清掃会社を経営する上で作業スタッフの技術的な教育が極めて重要なことはご存知だと思います。自分一人がプロの職人で何でもできるとしても、仕事量が増えれば作業スタッフを増やして対応しなければならないからです。

 しかし、仕事が増え作業スタッフを増やす場合の問題点として...

清掃技術をどう教えるか?

 ということが最大の課題となります。プロとしての仕事ができるようになるには、多くの時間がかかるからです。しかも、多くの時間をかけても現実は・・・

    ●時間に追われて満足に教えることができない
    ●教える時間がとれないので、結局雑用ばかりやらせてしまう
    ●教えてもなかなか覚えない
    ●多くの時間を使って教えても、すぐに辞めてしまう
    ●きつい仕事の場合、手を抜いてしまう→クレーム
    ●同じミスをくり返す
    ●具体的な指示をしないと自ら動かない
    ●落とせない汚れをいつまでも洗浄している


 これらの原因として考えられるのは・・・

    ●作業全体の流れが理解できていない
    ●なぜ、その作業が必要なのか?その理由を理解できていない
    ●どこまで落とせばいいか?不安をもって作業している
    ●分からないことがあっても、忙しそうに作業しているので聞きにくい
    ●どうしてトラブルが起こるか? 理解できていない


 以上が代表的な原因です。

 初めて床洗浄の作業をする人に、作業方法を教えるには、多くの時間がかかります。
具体的にどんなことを教えなければならないのか?一例を挙げれば・・・

矢印
使用する道具について
矢印
使用する洗剤について
矢印
使用するワックスについて
矢印
作業前の準備について
矢印
資機材の搬入について
矢印
養生について
矢印
什器の移動について
矢印
モップでの水拭きの仕方
矢印
汚水の回収方法
矢印
ワックスの塗り方
矢印
ポリッシャーの操作方法
矢印
洗剤の塗り方

 細かく挙げれば、もっとありますが代表的な項目を挙げると上記のようだと思います。

 これら全てを現場で教えるには、多くの時間がかかるのは当然ですが、問題は、どこで・だれが、どう教えるのか?ということです。

 そこでまず、現場で教える時のよくある問題点を挙げてみます。

<問題点-1> 教える時間が限られている
 少ない人数で作業をする現場の場合、教えることで作業が遅れてしまう...ということです。作業が遅れてしまうので、必然的に教える時間が少なくなり雑用ばかりやらせてしまうことが多くなります。しかし雑用は、意外ときついので長続きせず辞めてしまうという現象が多く発生しています。

<問題点-2> 作業効率を優先した手抜きの作業方法を教えてしまう
 現場の状況によっては、時間を優先した作業方法をしなければならないこともあり、仕上りに影響のない程度に、本来やるべき工程を省略して作業をすることがあると思います。ベテランであれば、工程を省略しても本来の基本的な作業方法を知っているので、重要な現場では本来のやり方で対応できます。
 しかし初心者は、そのやり方を見て作業していると、からだで覚えてしまうので、ほかの重要な現場で対応できないことになってしまいます。

<問題点-3> 基本的な作業方法の必要性を説明できない
 床清掃の基本を知っていても、なぜ、その作業方法が重要なのか?その理由を明確に説明できなければ、初心者はなかなか理解できません。
 理由が説明できないと、 個人的な考えに基づく作業方法仕上りよりも作業効率を優先した作業方法楽をする為の手抜きの作業方法などに走る傾向にあるためです。


 以上が現場で教える際の主な問題点ですが・・・

 どうすれば、いいでしょうか?そのヒントを挙げれば・・・

自分がいつもやっている方法を教えるのではなく
床材・仕上り具合・トラブルなどを考慮し、
客観的に床清掃の基本を中心に教えることです。
さらに「理由」を明確に説明することです!

 時間優先の「手抜きの作業方法・間違った作業方法」を自ら教える会社はないと思いますが、間違いとは知らずに教えているケースは意外と多くみられます。

 なぜ、このようなことが言えるのか?というと・・・

 床清掃のトラブルに関する相談の50%以上が「作業方法・作業手順」の間違いが原因だからです。

 おそうじ情報館には、毎日清掃に関する様々な相談がきます。床清掃に関する相談では、主に「ムラになってしまった・よく光らない・汚れが落とせない・洗浄に時間がかかりすぎる」などです。

 その他にもありますが、それらの主な原因は・・・

 道具の選択・作業手順・作業方法の間違いによるものがほとんどです。

 また、 おそうじ情報館では、そうじを依頼したい人に仕事を受注したい会社を紹介するサービスを行っていますが、たまに依頼者の方から受注業者の感想などのご連絡をいただくことがあります。

 「非常によかった」という評価が多いのですが、「よくなかった」という評価もあります。しかし、依頼者・受注会社両者に聞いてみると、致命的なミスというのは、ほんの僅かです。

 では、なぜ 「よくなかった」という評価を受けてしまうのでしょうか?

 原因の一つとして、使っている道具・作業光景など見た目から、プロの仕事と見られていないことが挙げられます。「作業光景」というのは、 一例を挙げれば「モップの動かし方」です。モップの動かし方ひとつで、プロらしいかアマチュアと見られるか...違いがでるということです。

 たとえ、仕上りが同じでも「作業光景」が アマチュアと判断されれば、評価は低くなってしまうという例です。

 本来は、仕上りなど結果で判断してほしいところですが、現実は、「どんなふうに道具を使っているか?」など作業動作などからも仕事を評価しています。ですから、単に「洗浄方法」を学ぶだけでなく、作業動作など「見た目」も重要だということです。


 以上のことから、間違いとは知らずに教えているケースは意外と多くあるようです。間違いとは知らずに教えていると、教えられた人だけでなく、下手すると作業スタッフ全員に「間違った作業方法」が伝染してしまい会社全体の技術レベルが下がってしまうことになります。

 このようなことから、おそうじ情報館には、老舗とも言える清掃会社から、個別の実技研修会の依頼や相談を受けることがあります。

 この講習会の目的は、初心者向けというよりもベテラン向けです。しかも、ベテラン向けに高度なテクニックを教える研修会ではありません。ベテランに、基本的なことを解説する研修会です。

 ではなぜ、ベテラン向けに基本的な内容の研修会をするのか?

 この研修会の問合せをしてくる清掃会社の経営者の多くが・・・

     ★作業時間が多くかかり過ぎている
     ★自己流の作業方法が目立つ
     ★若手・新人スタッフが育たない
     ★仕上りがスタッフによってバラバラ 
     ★作業している姿の見た目が悪い
     ★些細なクレームが多い
     ★什器備品などの破損事故が多い
     ★道具破損や機械類の故障が多い

 という問題を抱えていたからでした。

 しかし、このような会社はベテランが多いので、ベテランスタッフを中心に社内で研修をやればいいと思っていたのですが・・・

     ●ベテランスタッフに、基本的な技術のことを直接言いにくい
     ●技術がベテランでも教えることが苦手
     ●身内の者が言っても、本気にしない
     ●社内でやっても緊張感がない

 そして、最大の理由が・・・

 ★ベテランでも基本を忘れ、常識では考えられないミスをすることがある
 ★ベテランだからといって、お客さんからの評価が高いわけではない!
 ★技術力が高いスタッフに限ってほかのスタッフへ教えるのが下手
 ★経験が長いほど...自分の欠点に気付いてくれない
 ★経験が長いほど...他人からの指摘に従わない

 
 こんな現実があるようです。その為に、高額な研修費用を支払い、社外の人からの研修会を受けている清掃会社があるのです。

 その為、床清掃の基本的なことを、技術面・顧客側から視点での作業・トラブル防止・評価を高める作業方法・作業効率を高める作業方法を軸としたDVDを制作しました。


このDVDの活用法とは?

<活用法-1>
現場で教える前の「予習用」として活用する

 技術は、「現場でからだで覚える・経験して覚える」のが一番です。しかし、現場で教えてすぐにできるか?というと違うはずです。初めて体験することは、人にもよりますが、けっこう時間がかかるものです。また、教えるにも現場での時間の余裕がない限り無理です。
 そのような状況のなかで、初心者をできる限り早く「戦力」にするには、ビデオにて床清掃の作業手順など全体の流れ、道具の使い方などを「目」で理解させ、現場で体験させるのが一番です。 目でイメージさせてから現場で体験する...これが技術取得の近道です。

<活用法-2>
失敗・トラブル防止のために活用する

 失敗やミスは誰でもあることです。失敗してはじめて自分の作業方法の間違いに気付き技術が向上するものです。しかし、経営者・作業責任者からすれば、失敗・トラブルは可能な限り少なくしたいと思うはずです。このビデオでは、よくあるトラブルの例を挙げて、その対応策を解説しています。

<活用法-3>
道具の使い方の基本を理解してもらう為に活用する

 初心者の場合、仕事の多くは雑用になります。道具の準備・移動・片付け・モップを洗う・什器の移動などです。これらは、誰でもできそうなことですが、道具の知識・作業手順などを理解していないと、雑用すら満足にできません。

  また、雑用が手際よくできるかで作業時間にも影響がでてきますので、意外と重要な仕事でもあります。その為、このビデオでは、必要となる道具・道具の基本的な知識・モップの絞り方など初歩的なことも盛り込んでいますので、重要な雑用を早くマスターさせることができます

<活用法-4>
疲れない作業方法を身につけることができる

 初心者の場合、動きがぎこちなく無駄な動作が多い為、疲れが早くやってきます。疲れが大きくなれば、手抜き・ミスも多くなります。また、疲れが激しいと「掃除の仕事はきつい」と感じられることが多くなり、戦力となる前に辞める人が多くなってしまいます。

  掃除の仕事は、見た目よりハードですから仕方ないことですが、道具の扱い方・動き方などの基本的な「作業動作」をまず教えることで、ある程度は解消できます。
 このビデオの現場でのシーンでは、動きに無駄が多い経験の浅い作業員とベテランの作業シーン両方を見ることができます。比べることで理解力が早まります。あとは現場で練習するだけです。


 今回のビデオは・・・現場研修の依頼された時に作っている「研修プログラム」に基づいて制作しました。床清掃の基本知識・床清掃のプロとしての常識・プロとしての洗浄の仕方・道具や機械の使い方の基本などが中心のDVDです。(3本セット)

 研修用として制作したDVDなので、初心者の多い会社・ベテランがいても、なぜかクレームが多く発生する...そんな会社に最適な内容となっています。

 更に、お客さん側が抱いている疑問や不安・不満にも焦点を当てて、清掃技術を解説していますので、その内容の一部は、商談でも活用できる知識です。

 具体的には、次のような内容のDVDとなっています。

第1部

 第1部は、床清掃に関する基本的な知識を解説しながら、作業を円滑にすすめる為の床清掃の常識に焦点を当てて解説しています。

【1】床清掃の種類
 これは、床の表面洗浄・剥離洗浄・日常清掃に関することです。清掃会社からすると当たり前のことですが、お客さん側は違います。

 なので、ここでのポイントは、お客さん側は床清掃の種類についてどう思っているか?これを知ることです。これを知らずに安易に仕事を受注すると、思わぬクレームに悩むことになるからです。

 店舗オーナーやビルオーナーからおそうじ情報館に寄せられた相談を元に、お客さんにどんな説明をすればいいか?という視点で床清掃の種類について解説します。

 これで、クレームの8割を事前に解決することができます。

  ●価値を感じる日常清掃とは、どんな作業方法なのか?
  ●今後日常清掃で取り入れるべきことは?
  ●日常清掃でやるべきこと
  ●日常清掃の7つのポイント
  ●表面洗浄でお客さんからの評価が低くなる原因とは?
  ●作業前にお客さんへ絶対に言っておくべき5つのこと
  ●清掃会社とお客さん側の認識の違い
  ●お客さんの間違った認識への対処方法
  ●剥離洗浄で絶対にやってはいけないことは?
  ●手抜き作業と思われる原因と対策

【2】清掃資材の基礎知識
 ここでは、よく見かける道具や機械が出てきますが、油断禁物です。見れば分かりますが、ここで解説することを知らないと、恥をかくこともあるので注意して下さい。床清掃の経験のある方によっては、当たり前の道具も出てくると思いますが、その道具の用途・選択のポイント・使用する際の注意点などを中心に解説していきます。

<機械類について>
 床清掃の代表的な機械としては、ポリッシャーがまず挙げられますが、いくつかの種類があります。製造元・大きさ・形状など、意外と多くの種類があります。これは、その他の道具よりも確実に覚えておいて下さい。
 その理由は、ポリッシャーのパーツ類を購入する際に、それらの情報が必要となる為です。また、ポリッシャーに取り付けるパッドやブラシの知識も確実に覚えて下さい。これを知らないと、同業者から素人扱いされるので注意して下さい。

    ●ポリッシャーについて
    ●掃除機類について
    ●送風機について

<パッド類について>
    ●サイズについて
    ●色について
    ●手作業用パッドについて

<パッド台について>
    ●パッド台の材質について
    ●パッド台プレートについて

<ブラシ類について>
    ●ポリッシャー用のブラシについて
    ●手作業用のブラシについて

<モップについて>
 まず最初は、床清掃では必需品であるモップです。清掃会社の方でなくても多くの方が使ったことのある道具だと思います。なので、初心者からすると、モップはどれでも同じという感覚が出てきますが、プロの現場では、用途・スタッフの体形・作業効率・現場の状況によって使用するモップも異なってきますので注意してください。

    ●モップの5つの用途について
    ●モップの種類について
     ★プロとして使わない方がいいモップとは?
    ●ワックス用モップ

<ホーキについて>
    ●自在ホーキの特長
    ●土間ホーキの特長

<床用スクイジーについて>
 これは、汚水やゴミを集める道具です。床用スクイジーという言い方の他に「床用ドライヤー・水切り・カッパキ」などとも呼ばれている道具です。
 近年、洗浄後の汚水回収は、ウェットバキュームを使用するケースが多くなっていますが、床清掃のスタッフは全員この床用スクイジーの使い方をマスターする必要があります。その理由は・・・?

    ●床用スクイジーの種類
    ●選択のポイント

<チリトリについて>
    ●乾燥したゴミ用のチリトリ
    ●汚水用のチリトリ

<スクレイパー類>
 これは、ガムなどの固形物を取ったり、コーナー部分や溝の中のゴミを取る際に使用します。選択のポイントを挙げています。

    ●刃の厚み
    ●刃の大きさ・幅について

<洗剤について>
    ●床用洗剤の選択のポイント
    ●使用する際のポイント

<ワックスについて>
★ワックスの選択について

第2部

 このビデオは、床清掃の基本知識シリーズの第2部として、床清掃に関する基本的な知識を解説しながら、床清掃に関する実技的なことを解説します。

 実技的なことの代表的な、ポリッシャーの操作方法など、洗浄に焦点を当てた内容になっております。ポリッシャーの基本操作を解説しながら、事故や故障を少なくする作業方法について解説していきます。

 このような内容の場合、初心者向けと思われがちですが、経験を重ねるごとに注意点などを忘れがちなので必ずご覧ください。ポリッシャーでの事故の大半は、この基本的なことを省略してしまうことにより発生していますので、ご自身だけでなくスタッフの方々にも確実に伝えてください。

<洗浄前の準備について>
    ●空調機・照明について
    ●清掃中パネルの設置
    ●清掃資材の搬入での注意点
    ●養生の目的と養生の仕方
    ●荷物の移動での注意点

<除塵作業について>
    ●除塵作業の5つの目的
     これを分かっているだけでも、仕上りに差が出ます。
    ●作業効率を高める除塵作業の方法

<洗剤の準備について> 〜トラブルを減らす洗剤の選択法〜
    ●化学床材の場合の洗剤 〜表面洗浄の場合〜
    ●石材床の場合の洗剤 〜表面洗浄の場合〜
    ●フローリングの場合の洗剤 〜表面洗浄の場合〜
    ●カーペットの場合の洗剤 

    ●化学床材の場合の洗剤 〜剥離洗浄の場合〜
     リノリウムの場合の剥離剤
    ●石材床の場合の洗剤 〜剥離洗浄の場合〜
    ●フローリングの場合の洗剤 〜剥離洗浄の場合〜

<洗剤の塗布> 〜洗浄の種類別洗剤塗布方法〜
 次は、洗剤の塗布について解説していきます。ここでは、洗浄方法別の洗剤の塗布方法と注意点を解説します。

    ●表面洗浄の場合の5つの洗剤塗布方法
    ●剥離洗浄の場合の4つの洗剤塗布方法
    ●カーペット洗浄の場合の4つの洗剤塗布方法
    ●トラブルを防ぐ5つの注意点

<ポリッシャーの操作方法> 〜ポリッシャーの操作方法の基本〜
    ●作動前の準備
     レバー式とセンタースイッチ式の準備の違いと注意点
     事故が発生する原因と対策について
    ●ポリッシャーの作動
     ハンドルの角度調整について
     車輪について
     スイッチの形式と注意点
    ●初心者向けの練習法
     ポリッシャーを暴走させない練習法
    ●ポリッシャーの動かし方の基本
     左右・上下の動かし方
     やってはいけないこと
     洗浄後にべた付いたりムラになる原因
     ポリッシャーのコードの取り扱い方
     段差がある時の対処方法
     作業効率を高める洗浄の順番
     コードの断線を防ぐ方法

第3部

 このビデオは、床清掃の基本知識シリーズの第3部として、ポリシャーでの洗浄後の仕上げ方に関する基本的な知識を解説します。

 汚水の回収方法・水拭きのポイント・ワックスの塗布・作業終了後の点検のポイントなどについてを、長期的な美観を保つという視点・作業効率を上げる作業方法・よくある間違いなどを中心に解説していきます。

<ポリッシャー以外での洗浄> 〜手作業での洗浄部分〜
    ●なぜ手作業での洗浄が重要なのか?
    ●きれいでも洗浄する理由とは?
    ●どこを手作業で洗浄するべきか?
     プロの仕事として洗浄するべき12の場所
    ●使用する道具類と洗浄方について
     パッドホルダーによる洗浄と注意点
     ハンドパッドによる洗浄と注意点
     ブラシによる洗浄
     スクレイパーによる洗浄

<汚水の回収方法> 〜3つの汚水回収法〜
    ●汚水回収作業をベテランがやった方がいい理由
    ●仕上りと作業時間を左右する...汚水回収の3つの役割
    ●3つの汚水回収法
     ウェットバキュームによる回収法の注意点
     一番仕上りがよくなるカーペットリンサーの活用法
     床用スクイジーによる汚水回収の長所と短所
     床用スクイジーでの汚水回収方法の基本
     床用スクイジーとウェットバキュームを併用する方法

<モップでの水拭き> 〜水拭きの重要な役割〜
 床清掃の作業では、一番簡単な作業なので、アルバイトや経験の浅いスタッフに任せる傾向にありますが、モップでの水拭きの目的をよく知っていないと、仕上りに影響が出るので注意して下さい。

    ●モップでの水拭きの5つの目的
    ●水拭きの仕方
     モップの絞り具合について
     モップの絞り方
     拭き方の基本
     拭いている時のチェックポイント  

<ワックスの塗布> 〜仕上りを高めるワックス塗布法〜
    ●ワックスを塗るタイミング
    ●モップに付ける量について
    ●ワックスモップの動かし方の基本
    ●塗る際の注意点
    ●ワックスの厚みと塗る枚数について
    ●ワックスの乾燥方法

<荷物の戻しと片付け> 〜油断するとクレームになる片付け〜
    ●移動した荷物を戻す際の注意点
    ●チェック項目


申込みはこちらをクリック
携帯からはこちらをクリック!

■特別販売の概要■


【1】床清掃の基本知識DVD 〜床表面洗浄の基本と応用〜
   第1部〜第3部(3本セット)

床清掃の基本知識DVD3本セット

  ●販売価格:定価 3本セット 37,800円(税込・送料無料)のところ...
   セット価格:29,800円(税込・送料無料)

   更に・・・
   床の剥離洗浄を解説した「剥離洗浄の基本と実技DVD3本セット」も
   一緒に購入すると、6本セットを49,800円で買うことができます!

  ★収録時間:第1部(52分40秒)第2部(60分09秒)第3部(58分27秒)
  ★解説:高根哲也(おそうじ情報館)
  ★制作・著作:おそうじ情報館

■申込みからお支払まで■

(1)申込みフォームからの申込み
  以下のボタンをクリックし、申込み手続きをして下さい。


申込みはこちらをクリック
携帯からはこちらをクリック!


(2)お電話による申込み
 電話番号 03-3657-5161(カイユウ商事 高根まで)

 <受付時間>
 月〜金曜日・・・・9:00〜19:00
 土曜日・・・・・・9:00〜17:00
 日曜日・・・・・・9:00〜12:00
          (日曜日は不定期に休業となっています)

(3)ファックスによる申込み
  商品名・会社名・お名前・ご住所・お支払方法・電話番号・FAX番号を明記の上、以下へFAXをお送り下さい。
 FAX番号 03-5612-7154



<お支払いのご案内メール>

●「申込み手続き」を完了後、24時間以内に「お支払いのご案内」のメールをお送りいたします。自動返信メールではないのでご注意下さい

<お支払いについて>

(1)代引き
●商品のお届け時に宅配便業者にお支払い下さい。代引き手数料は無料です。


(2)振込み
●申込み後に返信されるメールに振込先が記載されていますので、申込み後5日以内にお振込下さい。


(3)クレジットカード(1回払い)

ソリューション画像
PayPalによる決済となります。申込み後の「お支払いのご案内」のメールに決済用のURLが記載されていますので、それをクリックしてください。申込み後5日以内に決済手続きをして下さい。

★携帯電話からは、カード決済できません。ご注意下さい。
★電話・FAXでの申込みの場合、カード決済はできません。

●PayPalのアカウントを持っている方は、パスワードを入力しログインして下さい。
●PayPalのアカウントを持っていない方は、画面右下の「PayPalアカウントをお持ちでない場合」をクリックし、カード番号などを入力し決済して下さい。


★決済方法等で分からないことがありましたら、高根までご連絡下さい。
(03-3657-5161)

<お届けについて>

(1)代引きの場合
●申込み後3日以内に発送いたします。但し、ご注文が集中してしまった場合は、発送まで3日以上かかることがあります。

(2)振込みの場合
●入金確認後3日以内に発送いたします。但し、ご注文が集中してしまった場合は、発送まで3日以上かかることがあります。

(3)クレジットカードの場合
●カード決済確認後3日以内に発送いたします。但し、ご注文が集中してしまった場合は、発送まで3日以上かかることがあります。

 

申込みは以下のボタンをクリックして下さい
↓↓↓↓↓

申込みはこちらをクリック
携帯からはこちらをクリック!

<販売会社情報>
会社案内 特定商取引法に基づく表示
<お問合せ>
おそうじ情報館
カイユウ商事  担当 高根
 東京都葛飾区細田3-35-8  TEL03−3657−5161 
info@kaiyuu.com