ハウスクリーニング・ビルメンテナンスの清掃料金が分かる!
平成26年度版
ビルメンテナンスの積算&見積
〜日本ビル新聞社発行〜


ビルメンテナンスの積算&見積りの写真

日本ビル新聞社発行 
平成26年度版ビルメンテナンスの積算&見積

写真は25年度版です

16,200円(税込・送料込み)
代引手数料別途

27年度版へのリンク

 こんにちは、おそうじ情報館の高根です。

 新しい仕事を獲得するための第一の関門は、営業活動・広告を通じて見込み客を集めることです。そして、時間とお金をかけた営業活動・広告宣伝活動の結果、運良く商談が進み、次に待ち構えている第二の関門は・・・見積りです!

        「いくらで見積を出せばいいか?」

       「平米単価を教えて欲しい!」

と、このような 質問の電話が、毎日のようにあります。


 普段よくやっている仕事であれば、現場の状況を見れば、サッと金額も出せると思います。しかし、掃除の仕事は、種類も多く全ての仕事を完璧にこなせる人は少ないはずです。

 このことから・・・

         ●普段あまりやっていない仕事
         ●いつもより規模が大きい仕事
         ●苦手としている仕事
         ●下請会社に出す仕事
         ●やったことがない仕事
         ●初めてやる素材
         ●「相見積」となる時


 このような状況の場合、「いくらで見積を出せばいいか?」と悩むのがふつうです。

 特に 「相見積り」となる時などは・・・

         ●自分が出す金額が安いのか?高いのか?
         ●ライバル会社は、いくらで出してくるのだろうか?
         ●お客さんの予算はいくらなのだろうか?
         ●何を基準にして業者を選ぶのだろうか?


などと、様々なことを考えて見積書を作成すると思います。

 お客さんは、高すぎても相手にしてくれないし・・・
 安くすれば、すぐ仕事がとれるだろう!と思って、極端に安くしても・・・
 お客さんは、品質に不安を持つので、そう簡単には発注してくれません。

 そこで、見積書を作成する上で、一番気になるのが・・・

        「相場はいくら位 なのか?」

ということだと思います。そんなことから、清掃料金、特に「単価」についての問合せが多くあるわけです。

 確かに、清掃の仕事を獲得する上で、相場を知ることは重要です。
 見積金額を出す時、ある程度、相場を知らないと・・・

▼的外れな見積を出してしまう!
 お客さんが考えている金額とあまりにもかけ離れていると、全く相手にしてもらえないだけでなく、その他の仕事でも高いと思われてしまう。
また極端に安い場合、手抜きが多いのではないかと、疑われてしまう。
開業したばかりの会社は、このようなケースが多いため、なかなか仕事を獲得できないようです。

▼適正な下請会社を選べない!
 自社で作業ができない場合、下請会社から見積をもらい、それに利益をのせてお客に提出する、という方法をとることもあると思います。
そこで重要になってくるのが、下請会社が算出した価格が、適正な条件で見積もられた価格なのか? その判断ができるか、できないかにあります。例えば、次のような事例があります。

下請け会社が、仕事獲得のため、無理して安く見積もる。結果的に作業が手抜きになってしまい、クレームが発生。それ以降仕事が受注できなくなった。

下請け会社が、予想より高く見積もってきたため、オーナーから仕事を受注できなかった。
 

このように、仕事を多く獲得し、クレームを少なくするための見積には、「相場」に基づいた積算が不可欠となっています。

       ところが・・・

「相場」「平米単価」ばかり追い求めることで、仕事が取れない、仕事が取れても赤字になってしまったりしている会社が意外と多いのをご存知でしょうか?

 特に平米単価に基づく積算をした場合は、要注意です!

 平米単価に基づく積算方法は、計算が簡単であるため、たいへん多くの方が活用されています。

 例えば・・・
 床の表面洗浄の平米単価の相場が100円とすると、1,000平米だと100,000円と・・・

 では、100平米だったら、あなたはいくらの見積を出しますか?

 100円×100平米=10,000円と見積を出しますか?


当然、面積が少ないのだから、単価を上げて見積を出すと思います。
では、あなただったら・・・?
   
     ● 単価をいくらにしますか?
     ● 何を基準にその単価で算出しますか?
     ● その価格で仕事を獲得する自信ありますか?
     ● その算出根拠をお客さんにどう説明しますか?


と、こう言われたら、私だって一瞬考えてしまいます。

 しかし、価格低迷のこの時代、安ければ仕事が取りやすいと思われがちですが、安い業者に発注したために、仕上りが今イチで、結局ほかの業者を探すはめになったというお客さんも結構います。

 ですから、仕事を発注するお客さんからすれば・・・

        安いなら安い理由 

        高いなら高い理由

 これを知りたいわけです! 
 
このことから、仕事を数多く獲得するには・・・

      どうしてこの金額になるのか?

「平米単価」で積算するのであれば・・・

  「
どのようにして、その単価がでてきたのか?」
  「どのような現場の状況・設定で算出された単価なのか?」


 これをどう説明するか?これがキーとなります。

 しかし、見積書の算出根拠を説明すると言っても、いったい何を説明すればいいか?分からない方も多いと思います。

 そこで、見積書作成時に、その算出根拠を明確にするためのヒントが掲載されている書籍をご案内いたします。
        
        それは・・・・↓↓↓

「平成26年度版 ビルメンテナンスの積算&見積」
<業務別目安料金>


この「平成26年度ビルメンテナンスの積算&見積」は・・・

 根拠ある原価算出のための基本的な情報が掲載されています。

では、この「平成26年度ビルメンテナンスの積算&見積」が、具体的にどのような情報が手に入り、それをどう活用できるのか?少しご案内いたします。

27年度版へのリンク

人件費の相場が分かる!
 

清掃の価格で多くを占めるのが人件費。これをどの位に設定するか?これにより、見積金額も大きく変わってきます。

・何を基準に人件費の単価を算出するか?
・地域によって賃金は、どのような違いがあるのか?
・初心者とベテランでは、賃金にどの程度差がでてくるのか?
・見積では、作業スタッフ1人あたり、いくらを見込めば適正な価格となるか?


見積算出の基礎となる人件費の基本情報を得ることができます。

1人あたりの平均作業量が分かる!
 

見積りの問合せで一番多いのが、面積と清掃内容だけの情報による概算金額の問合せ。例えば、ガラス清掃・1000平米は、いくら? と・・・
現場の状況・汚れ具合により金額は大きく変わってくるので、 ふつう、これだけの情報では、適正な金額は出せません。

しかし、掃除を依頼するお客さんは、概算だけでも知りたいというケースが多くあるわけです。
そこで概算を出すとき、その仕事が何人でできるか?ということを元に概算を算出することがあると思います。
つまり、作業人数と時間から逆算して価格を出す方法です。経験のある仕事であれば、簡単に金額が出せるというメリットがありますが、次の点に注意する必要があります。
それは・・・

●自社の作業スタッフは、1日どの位の面積を洗浄できるのか?

ということです。そして、最も重要なのは・・・

●自社の作業可能面積が、他社に比べ多いのか、少ないのか?
これをよく把握した上で作業人数を設定し、見積を出すということです。

仮に、他社に比べ1日にできる作業面積が少ないとするならば、見積金額は他社に比べ高めになってしまうので、仕事を獲得できる確率は低くなってしまいます。
「うちは、丁寧な仕事するから作業に時間がかかる!」と言う会社は多いのですが、見積の段階では、それをお客に理解してもらうことは、極めて難しいのが現状です。

そこで重要になってくるのが「1人あたりの平均作業量」

「平成26年度ビルメンテナンスの積算&見積」では、様々な清掃作業についての平均作業量のデータを知ることができます。


一般的なビルの清掃管理費(業務委託費)の平米単価が分かる!
 

見積で一番やってはいけないのが、オーナー側の予算を大幅にオーバーすることです。
そこで、建物の面積など規模が分かるだけで、その建物のおおよその清掃予算が分かれば、見積の算出も非常に楽になると思いませんか?
「平成24年度ビルメンテナンスの積算&見積」では、業務委託費(清掃業務の建物規模別年間業務費用)が、建物の規模別の単価が分かります。つまり、建物の延床面積が分かれば、おおよその上限価格が分かるということです。


汚れの激しい商業施設の清掃業務の実態とは?
 

近年、オフィスビル・商業施設では、カーペットが多くなってきています。
現場では、「シミとり」「防塵作業」「乾燥時間」など化学床材とは別の悩みも抱えているようです。

そこで、汚れの激しい商業施設におけるカーペット清掃では、日常清掃・定期清掃をどうように行っているか?どのような頻度で、どんな作業をしているか?その一例を知ることができます。


部位別の平米単価が分かる!
 

よくあることですが、「一式○○○○円」という見積り。大型の建物であれば、部位別に細かく見積りを出していきますが、小型の建物の場合、建物全体一式で金額を出すことが意外と多いのではないでしょうか?または、平米単価×清掃面積で金額を出すことが多いと思います。

これらの算出方法で仕事を獲得し、その後何の変更もなくすすめばいいのですが、清掃面積に変更がでたら、どのように計算し金額の変更をしますか?
単純に「平米単価×変更後の清掃面積」で計算しますか?
ところが、このやり方だと、場合によっては損をしてしまうことになります。

一例を挙げれば・・・
ビルの共用廊下1,000平米の床清掃を平米単価100円で受注し、その後、トイレの床清掃が追加された場合です。
この場合、「平米単価100円×トイレの床面積」の金額を加算しますか? 

当然、単価を替えて計算すると思いますが、意外と単価を替えず計算する清掃会社も多くあります。

では、この例の場合、トイレの平米単価をいくらにするべきでしょうか?

一般的なビルの場合、例えば「廊下」「事務室」「トイレ」など清掃場所によって作業難易度が違うため平米あたりの作業時間も変わってきます。ですから、契約後に清掃面積の変更があった場合、作業難易度・作業時間を考慮した金額を算出する必要がでてきます。このことから、見積りは、清掃場所つまり部位別の平米単価を知ることが重要になってきます。

平成26年度ビルメンテナンスの積算&見積」では、一般的なオフィスビルを前提とした部位別月額平米単価を知ることができます。一例を挙げれば・・・
「玄関ホール」「事務室」「事務室(カーペット)」「会議室」「廊下・EVホール」「トイレ」「湯沸室」「階段」「食堂」「喫煙スペース」などです。
これら部位別の平米単価を「日常清掃」「定期清掃」と分類し、その単価を知ることができます。

しかし、ここで重要なのは、単に部位別の平米単価を知ることではなく部位別の単価の割合を学ぶことです。

例えば、トイレの床であれば、廊下に比べどの位の割合に設定するべきなのか? ということです。

この割合を知ることができれば、ビルに限らず商業ビル・店舗・住宅の見積りでも応用することができます。


部位別の作業時間が分かる!

 

なんとか仕事を獲得できたけれど・・・

実際にやってみたら、予想以上に時間がかかる現場であることが判明。予定より多い作業スタッフが必要になってしまい、結局は儲からなかった。
と、このような苦い経験、誰でもあると思います。

見積りの段階では、全ての作業が、何人で何時間で終わるか?これに基づき人件費を算出し、見積金額を出している会社も多いと思います。

しかし、作業面積が同じでも「どんな所を作業するか?」これをよく考えて金額をださないと現場に行って大失敗することなります。

予定より多くの時間がかかり、利益が減るだけならいいのですが、建物の種類によっては、作業時間が限られている現場もあります。
このような現場では、時間内に終わらなければ、その会社の技術力が低いと思われてしまい、仕事自体が消滅してしまう、という例も多く聞いています。

こうならないためにも、見積りの段階での正確な作業時間の予測が必要になってきます。個人差はありますが、作業場所別(部位別)に作業時間を綿密に計算し、人件費を計算する必要があるということです。

一例を挙げれば・・・
床清掃の場合であれば、廊下と階段です。当然階段の方が多くの時間がかかるのは分かると思いますが、具体的にどの位作業時間に違いがあると思いますか?

この質問に対し、一瞬にして答えを出せる人は、見積りのプロと言えます。

平成25年度ビルメンテナンスの積算&見積」では、一般的なビルを例にして、日常清掃と定期清掃の二つのケースに分け、作業場所・作業内容別に標準的な作業時間の事例を知ることができます。

ここで重要なのは、掲載されている「部位別の作業時間」ではなく、「部位別の作業時間の比率」です。これを元にあなたの会社の作業仕様に当てはめて見積りに活用することが、おいしい仕事を獲得する近道といえます。 


資材費の相場が分かる!
 

掃除は、比較的材料費がかからないと一般的に言われていますが、清掃の内容によっては、綿密に材料費を計算する必要が出てくる仕事もあります。

例えば、外壁の洗浄です。
外壁の洗浄と言えば、酸性タイプの安価な洗浄剤を仕様するケースが多いのですが、「素材を傷めないようにしてほしい」「酸性洗剤を使用すると周りの植栽などに影響がでる」「環境にやさしい洗剤を使って欲しい」など、お客さんの要望は様々です。

仕事を発注するお客さんの要望であれば、受注する清掃会社は、それに従って見積りをだし、施工しなければなりません。

そこで、見積りで問題となるのは、資材費です。
いつも使っているケミカルや道具であれば、買った時の納品書を見れば、価格は一目瞭然。しかし、普段使っていない物を使う必要がある時は、メーカーや販売店に聞かなくてはなりません。

平成25年度ビルメンテナンスの積算&見積」では、現場でよく使われる資材の目安料金が掲載されていますので、これを見れば、今まで使ったことがないタイプの清掃資材を使う場合でも、比較的簡単に材料費を算出することができます

(全ての清掃資材の価格が掲載されているわけではありません)


根拠ある見積りの算出方法の一例を知ることができる! 
 

平成26年度ビルメンテナンスの積算&見積」に掲載されている「平米単価」の一例を挙げると・・・

1000平米のカーペットクリーニングの平米単価●●●円とあります。

この平米単価をあなたは、どう活用しますか?
単純に 「平米単価」×「清掃面積」で計算し、見積りに活用しますか?

多くの方は、この単価が高いのか?安いのか?この単価で仕事取れるか?この1点に悩み、単価を調整し見積りを出すのではないでしょうか?

ところが、お客さんは、その見積り金額に対し「これでは高い!」「もっと安く!」と値切ってくるのがふつうです。
相場である単価を使っただけの「手抜き見積り」では、こうなるのは当然です。

お客さんが知りたいのは・・・・


   なぜ、その価格になるのか?
   なぜ、その単価なのか?


ということです。
もし、あなたが平米単価を重視した見積りを出しているのなら・・・

・人件費は、平米あたりいくらかかるのか?
・材料費は、平米あたりいくらかかるのか?
・平米あたりどの位の作業時間がかかるのか?
・汚れ具合で単価がどう違ってくるか?

これらをよく分析して、見積りを出すこことをおすすめします。

平成26年度ビルメンテナンスの積算&見積」では、作業場所別の作業時間から割り出した100平米1回あたりの「歩掛かり」を元とした算出方法を知ることができます。


作業難易度別の目安料金が分かる!
 

あなたは、作業場所別(部位別)の「作業難易度」を数値で表したことありますか?

作業場所がロビー・事務室・廊下・トイレなど複数ある場合、その作業場所別に価格を出すと思います。その際、基準となるのが「作業難易度」です。

作業難易度は、「作業時間」「特殊要件」「通行量」「汚染度」などを分析し算出した目安となる指数です。

例を挙げると・・・
「事務室」の作業難易度を「1.0」とした場合、ロビーが「1.6」、トイレが「5.0」、階段が「1.4」屋内駐車場「0.5」となっています。
このように、作業難易度を数値で設定すると、部位別の価格を出すのが非常に楽になります。

例えば、 「事務室」の平米単価が120円とするならば、ロビーが192円、トイレが600円と単純にこの指数を元に計算すれば、簡単に部位別の価格を算出することができます。


以上が、平成26年度ビルメンテナンスの積算&見積」で得られる見積りに関する知識の一例です。ビルメンテナンスに関する情報が多くなっていますが、ハウスクリーニングの見積りにも応用できる情報も多く掲載されています。
このほかにも様々な情報が掲載されていますが、その詳細は以下のとおりです。


27年度版へのリンク

  

平成26年度版
ビルメンテナンスの積算&見積
〜業務別目安料金〜

■A4サイズ 226ページ■
日本ビル新聞社

第1章 積算・見積情報
1-1 サービス産業動向拡大調査
1-2 国家機関の建物維持管理費
1-3 企業向けサービス価格指数
1-4 財・サービスの内外価格調査結果
1-5(1)平成26年度庁舎維持管理費要求単価
1-5(2)平成26年度庁舎維持管理費要求単価の推移
1-5(3)平成26年度各所修繕費要求単価
1-6 ビルメン業の経費構成
1-7 ビルメン雇用実態調査/東京協会
1-8 シンクタンク調査結果から見る今後有望な市場
1-9 ビルメンテナンスの売上高2012(連結)
1-10 上場企業の決算内容と推移

第2章 賃金情報
2-1(1)平成26年度建築保全業務労務単価
2-1(2)建築保全業務労務単価の推移(清掃)
2-2 毎月勤労統計調査/年度分
2-3(1)最低賃金と積算目安指数
2-3(2)最低賃金10年間の推移
2-4(1)ハローワークの募集賃金/清掃
2-4(2)ハローワークの募集賃金/警備
2-4(3)ハローワークの募集賃金/設備
2-5 中途採用者の賃金(全国協会)
2-6 求人情報誌のアルバイト募集賃金
2-7 民間給与実態統計調査
2-8 (1)派遣料金
2-8 (2)派遣料金のマージン比率
2-9 資格手当
2-10(1)賃金構造基本統計調査 【用語の定義】
2-10(2)賃金構造基本統計調査 【所定内給与の推移】
2-10(3)賃金構造基本統計調査 【年齢別】
2-10(4)賃金構造基本統計調査 【短時間労働者賃金】
2-10(5)賃金構造基本統計調査 【地域別】

第3章 商業施設の積算・見積
3-1(1)清掃作業能率に基づく概算
3-1(2)清掃作業能率に基づく概算/実施回数1回
3-1(3)清掃作業能率に基づく概算/標準回数
3-2(1)A商業施設の見積/作業量の算出
3-2(2)A商業施設の見積/清掃作業基準表
3-2(3)A商業施設の見積/人件費積算表
3-2(4)A商業施設の見積/人件費積算一覧
3-2(5)A商業施設の見積/清掃面積表と料金
3-3(1)B商業施設の見積/作業時間の算出
3-3(2)B商業施設の見積/人件費積算表
3-3(3)B商業施設の見積/日常清掃人員配置表
3-3(4)B商業施設の見積/見積明細
3-3(5)B商業施設の見積/御見積書

第4章 標準作業時間
4-1 標準作業時間の測定例
4-2 部位別・作業法別の平米作業時間
4-3 セラミックタイルの洗浄作業時間
4-4 トイレ清掃の作業時間/企業の取り組み
4-5 石材、植栽管理の作業時間

第5章 清掃管理業務
5-1(1)清掃面積の算出
5-1(2)清掃面積と清掃料金(概算)
5-2 オフィスの日常清掃/弾性床・繊維床の概算
5-3 オフィスの日常清掃/専用部の概算
5-4 清掃単価情報
5-5 部位別の難易度と月額平米単価
5-6 表面洗浄料金
5-7 カーペット洗浄料金(1)
5-8 カーペット洗浄料金(2)洗浄法別
5-9 剥離洗浄(1)/料金算出
5-10 剥離洗浄(2)/中間剥離
5-11 剥離洗浄(3)/水研磨
5-12 照明器具・給排気口清掃の料金
5-13 ブラインド洗浄料金の算出
5-14 喫煙室の清掃目安料金
5-15 天井クリーニング目安料金
5-16 外壁洗浄の概算
5-17 特殊清掃の市場価格
5-18 シャッターの清掃料金
5-19 平成26年度人件費積算の概要/清掃
5-20 平成26年度人件費積算 清掃作業者(1)
5-21 平成26年度人件費積算 清掃作業者(2)
5-22 平成26年度人件費積算 清掃作業者(3)
5-23 平成26年度人件費積算(1) パート(1)
5-24 平成26年度人件費積算(2) パート(2)

第6章 警備業務
6-1 協会の警備料金積算項目(改訂版)
6-2 改訂版による料金の算出と社保の割合
6-3 中堅・中小警備会社の実勢料金調査
6-4 平成26年度設計労務単価と料金
6-5 設計労務単価/交通誘導員の雇用に必要な経費
6-6 平成26年度保全労務単価/警備
6-7 予定価格の見積実態
6-8 施設警備業務計算書
6-9 駐車場要員計算書
6-10 平成26年度の警備時間と人員
6-11 警備業概況 
6-12 平成26年度人件費積算の概要/警備
6-13 平成26年度人件費積算 警備8H型
6-14 平成26年度人件費積算 交通誘導員A
6-15 平成26年度人件費積算 交通誘導員B
6-16 平成26年度保全労務単価 警備員ABCの人件費積算

第7章 設備・環境管理業務
7-1 生き残りの取り組み
7-2 設備定期点検業務一覧(法定・任意)
7-3 設備定期点検項目の料金構成比率
7-4 自家用電気工作物の保安管理手数料/関東
7-5 自家用電気工作物の保安管理手数料/東北
7-6 自家用電気工作物の保安管理手数料/中部
7-7 設備管理業務/延面積別の技術者数と平米単価
7-8 設備定期点検保守/概算事例
7-9 非常駐施設の建築物環境衛生管理技術者の料金
7-10 IPMシステムの管理料
7-11 エアフィルター清掃の目安料金
7-12 設備管理業務の単価情報
7-13 平成26年度設備管理業務の目安料金
7-14 貯水槽清掃/市場価格
7-15 水質検査料金
7-16 室内空気環境測定料金
7-17 グリストラップ清掃
7-18 平成26年度人件費積算の概要/設備
7-19 平成26年度人件費積算 設備管理技術者(1)
7-20 平成26年度人件費積算 設備管理技術者(2)
7-21 平成26年度人件費積算 設備管理技術者(3)
7-22 平成26年度人件費積算 設備管理技術者パート

第8章 ガラス外装清掃業務
8-1 ガラス外装の実態調査報告書
8-2 ガラス清掃の積算・見積

第9章 消防設備の点検
9-1 消防設備点検の市場価格
9-2 防火対象物点検料
9-3 平成26年度消防設備点検の部位別目安単価

第10章 ハウスクリーニング
10-1 参入する成功のポイント
10-2 ハウスクリーニング料金

第11章 官公庁施設の積算・見積
11-1 平成25年版建築保全業務積算要領〜料金算出例
11-2 平成26年度地域別の清掃平米単価
11-3 平成26年度地域別日割基礎単価と管理費率
11-4 警備ポスト配置表による積算

第12章 資材・機器類の購入目安料金
12-1 ケミカル・一般清掃用品類
12-2 パッド・ダスター類
12-3 マシン類
12-4 ビル管理測定機器類
12-5 衛生・環境対応製品
12-6 ユニフォーム/清掃・設備・警備

第13章 関連団体
13-1 関連団体一覧
13-2 資機材取扱い商社一覧(順不同)



以上のような 平成26年度版ビルメンテナンスの積算&見積ですが、
価格・ご注文方法・お支払い方法などは次のとおりです。


ハウスクリーニング・ビルメンテナンスの清掃料金が分かる!
平成26年度版
ビルメンテナンスの積算&見積

〜業務別目安料金〜

日本ビル新聞社
ビルメンテナンスの積算&見積りの写真

日本ビル新聞社発行 
平成26年度版ビルメンテナンスの積算&見積

写真は25年度版です

16,200円(税込・送料込み)
代引手数料別途

■販売価格

 
版積算&見積りの写真
A4版 226ページ  1冊
販売価格16,200(税込・送料込)

5冊以上は、10%引きとなります。

お支払い方法が「代引き」の場合・・・
  別途「代引き手数料」がかかります。


 書店等販売会社の方は、下記までお問合せください。
  03-3657-5161 (カイユウ商事 高根まで)
■ご注文方法 


27年度版へのリンク

         


●メールでのご注文は・・・
  商品名(平成26年度版積算&見積)・会社名・お名前・ご住所・お支払方法・電話番号・FAX番号を明記の上、以下へメールを送信してご注文下さい。
  info@kaiyuu.com

●お電話によるご注文は ・・・
 電話番号 03-3657-5161(カイユウ商事 高根まで)

 <受付時間>
 月〜金曜日・・・・9:00〜19:00
 土曜日・・・・・・9:00〜17:00
 日曜日・・・・・・9:00〜12:00
          (日曜日は不定期に休業となっています)

●ファックスによるご注文は ・・・
  商品名(平成26年度版積算&見積)・会社名・お名前・ご住所・お支払方法・電話番号・FAX番号を明記の上、以下へFAXをお送り下さい。
 FAX番号 03-5612-7154
■お支払方法

●代引き
 商品お届け時に宅配便業者にお支払ください。
 代引きの場合、代引手数料432円(1冊の場合)が別途加算されます。2冊以上の場合630円〜1,050円が別途加算されます。

 メール・FAX 両方とも記載がない場合、発送日等の連絡ができないことがあります。

●振込み
 入金確認後の発送となります。
 振込先は、ご注文後、メールまたはFAXにてお知らせいたします。メール・FAX 両方とも記載がない場合、電話又は郵送となることがあります。
 振込の場合、ご注文後5日以内にお振込ください。
 5日以内にお振込ができない時は、03-3657-5161までご連絡下さい。
 ご連絡がない場合、キャンセル扱いとなることがあります。ご注意下さい。

 振込前に「請求書の送付」が必要な場合には・・・
 03-3657-5161(高根)までご連絡いただくか、注文フォームの「ご意見・ご質問」欄に「請求書を送付」と入力して下さい。

●その他のお支払い
 官庁関係・公共機関・学校関係で上記以外のお支払方法を希望される場合、お手数ですが事前にお電話にてご相談ください。可能な限り対応いたします。
 03-3657-5161
(担当 高根) 

■納品方法 ●宅配便・・・ヤマト運輸となります。
■納  期 ご注文後 3〜5日程度で納品となります。尚、注文が集中している時は、それ以上の日数がかかる場合もあります。ご了承下さい。
平成25年度版ビルメンテナンスの積算&見積りの写真
日本ビル新聞社発行 平成26年度版積算&見積
写真は25年度版です 


ハウスクリーニング・店舗・ビルメンテナンスの清掃料金が分かる!
平成26年度版
ビルメンテナンスの積算&見積

〜業務別目安料金〜

日本ビル新聞社
販売価格 16,200円 (税込)

追伸
この「平成26年度ビルメンテナンスの積算&見積」を活用する際の注意点を挙げると・・・

それは、「数字」によるデータが多いということです。

つまり単価・時間など数値によるデータが多いので、
掲載されている単価に基づいて見積りを出せば仕事が簡単に獲得できる!
と、勘違いしてしまうことです。

ところが現実は違います。

・相場である「平米単価」で見積りを出したのにもかかわらず、ライバル会社に簡単にお客を奪い取られてしまう。
・相場である価格で出したのに、「高い」と言われしまい、仕事が取れない。

と、このようなシーンが数多くでてくるわけです。

これはどういうことかと言うと・・・

「相場」イコール「お客さんが納得する価格」ではない! ということです。

見積りで仕事を効率よく獲得できる人とは?

どのように算出された数字・金額なのか? 

その計算過程をマスターし、自社の状況と現場の状況に応用できる人です。


平成26年度ビルメンテナンスの積算&見積」では、単価等価格の情報が手に入るだけでなく、どのような条件の元に計算された「単価」なのか? その算出根拠を元とした清掃料金の算出方法と価格に対する考え方を学ぶことができます。 

ぜひ、あなたも平成26年度ビルメンテナンスの積算&見積を活用し、見積りのプロになるとともに、おいしい仕事を数多く獲得してください。     

27年度版へのリンク

 

お電話・FAXでのご注文は、・・・・・
お電話 03-3657-5161  FAX 03-5612-7154 でご注文下さい 。
<お問合せ>
おそうじ情報館
カイユウ商事  担当 高根
 東京都葛飾区細田3-35-8  TEL03−3657−5161 
info@kaiyuu.com