剥離DVDタイトル

清掃の仕事をしている方であれば、
誰もが嫌がる剥離洗浄ですが...
作業効率を高めクレームが減る
床の剥離洗浄に関するDVD教材のご案内です!


申込みはこちらをクリック
携帯からはこちらをクリック!

あなたが床洗浄のプロであったとしても・・・
スタッフ全員の技術レベルがアップしなければ、
剥離洗浄のクレームを減らすことはできません!

 こんにちは、おそうじ情報館の高根です。このページは、床の剥離洗浄に関するDVDのご案内です。この剥離洗浄のDVDでは・・・

     ★定期契約の現場をできる限り継続するための洗浄法
     ★クレームを減らすとともに、信頼を増幅させる洗浄法
     ★ライバルと差をつける洗浄法

 これらを軸として、剥離剤の塗布方法など基本的なことから現場の状況別の剥離剤の選択法などプロとして必要不可欠な応用的技術をマスターできるDVDです。その為、初心者からベテランまで幅広い方が活用できるDVDとなっています。

 床清掃に関する相談の中で最も多くなるのが、剥離洗浄となります。こうなる原因は、床材・古いワックスの厚み・塗っているワックスなどにより難易度が大きく変わってしまうことがあるためです。

 このようなことから、相談の電話の多くは、現場からかかってきます。

 なかには、7時間以上作業して、たったの2平米しか終わっていない現場からの相談もありました。この現場は、10年以上剥離をせずに毎月ワックスを塗り続けていたようで、ワックスが異常に固く厚くなっている状況でした。

 私は電話を受けた時、似たような状況の相談を受けたことがあったので、その時の対処法を元に3つのアドバイスをしました。それは・・・

     ●剥離剤の選択
     ●必ず使う道具
     ●水(お湯)の量・・・などです。

 このほかにも対処法があったのですが、3つだけを言いました。
 
 ところが、、、

     ●いつもの剥離剤
     ●いつもの道具
     ●いつものやり方

 つまり、アドバイスしたにも関わらず、今までのやり方でやり続けてしまったのです。

★たぶん私が言ったことは、余計なお金がかかることだったので、やりたくてもできなかったのだと思います。

★すでに現場に入ってしまったので、新たな資材を用意したくてもできなかったのだと思います。

★私とその会社の担当者は、今まで会ったこともないし話をしたこともなかったので、私の言ったことが信用できなかったのかもしれません

★新たなことを聞いても、絶望感でいっぱいになりスタッフのやる気がなくなったのかもしれません。

と、いろいろなことが考えられますが、結果的に作業は、ほとんど進まなかったのです。その結果、スタッフのほとんどは、不可能な作業と思い込んでしまったのです。

 しかし、現場を見てみれば、時間はかかるけれど洗浄可能な状態でした。原因は、使用する剥離剤と道具と洗浄方法でした。

 清掃会社の方であれば、剥離洗浄の経験は誰でもあると思います。定期の現場であれば、おおよその作業時間が読めますが、スポットの現場では要注意です。やってみないと、分からないというケースが多い為です。

 剥離洗浄は、状況によって大きく作業方法が変わってくるので、床清掃の中では非常に難易度が高い作業になっています。

 では、どうすればいいでしょうか?

 理想的なのは、12のチェック項目に沿って現場調査をし準備をすることです。見た目だけでなく間接的なことからも判断していきます。ここまでやると、失敗する方が難しい状態になります。
 
 そして、その調査に基づいてお客さんに説明していきます。説明する具体的な項目の一例は・・・

  ●使用するケミカル類
  ●使用する道具・機械類
  ●洗浄の仕方
  ●作業時間
  ●予想されるトラブル

 これらを「理由」とともに説明していきます。ポイントは、理由を必ず伝えることです。「なぜ、このやり方で洗浄するのか?」などです。

 これを完璧に説明できると、信用・信頼される清掃会社にイメージチェンジできます。

 信頼される本物のプロの剥離洗浄とは?

 ●正しい事前調査
 ●事前説明
 ●状況に合った資機材の選択
 ●建物用途のマッチした仕上げ
 ●トラブルを防止する作業方法と手順

 と、この5点がポイントだと思っています。この5点を押さえておけば、クレームのない仕事・お客さんの満足度が高い仕事が実現できるからです。

 この重点ポイントに基づいて制作したDVDが「剥離洗浄の基本知識と実技」になります。このDVDは、第1部から第3部までの3本構成になっております。

 それでは、このDVDの内容の一部をご案内いたします。

剥離第1部

 第1部は、床の剥離洗浄に関する基本的な知識を解説しながら、作業を円滑にすすめる為の作業法の常識に焦点を当てて解説しています。

【1】剥離洗浄の本当の基本知識とは?

 そうじのプロでも間違った知識でお客さんに説明していることが意外と多いので、あえてここで詳しく解説しています。また、お客さん側も間違った認識で清掃会社と商談をすることがあるので、その注意点を解説しています。

 なぜ、こんなことを解説しているかと言うと...お客さん側と清掃会社側で、剥離洗浄に対する認識が大きく異なることがあり、多くの問題を発生させているからです。お客さんの間違った知識に振り回されないための基本知識と商談でのポイントを解説します。

 つまり、この認識の違いを無視して商談をすれば高い確率でクレームが発生してしまうということです。この事実を知らないために、現場で痛い目にあっている職人さんが本当に多いのです。

 また、剥離剤を使って洗浄することを「剥離洗浄」を思っている方は多いと思いますが、そのほかにも最低3つの方法があります。

 なぜ、この知識が必要かというと...剥離剤を使用せずに剥離をする必要がある現場があるからです。あなたは、それがどんなケースでどんな風にやるか、分かりますか?

【2】剥離洗浄と表面洗浄の違いとは?

 多くの方は、こんなこと説明されなくても分かっている!と思うはずです。ところが、この違いの本質的なことを軽視するために、見積りや作業時間で失敗をしている会社が多いのです。

 例えば、価格は、表面洗浄に比べて価格は高くなります。しかし、「なぜ剥離の価格が高くなるか?」と、お客さんに明確に説明できているでしょうか?

 剥離洗浄の価格が高くなる要因は主に5つありますが、これをお客さんに分かりやすく説明できない限り、あなたは不当に安い価格で作業をすることになるかもしれませんので注意して下さい。ここでは、洗剤・洗浄工程・作業時間・作業人数・クレームの観点から表面洗浄と剥離洗浄の違いについて解説しています。

 

【3】どんな状態の時、剥離洗浄をするべきか?
〜剥離洗浄をする10のタイミング〜

 剥離洗浄は、既存の古いワックスを除去するのが目的ですが、どんな状態の時に剥離洗浄をするべきか?という点について、ここでは解説します。

 ワックスの変色が激しくなった時に剥離をするというのは常識です。しかし、剥離洗浄をする必要性は、これだけではありません。それ以外にも、多くのケースで剥離洗浄をするタイミングがあるためです。

 つまり、ワックスの変色がなくても剥離洗浄をすることがある、ということです。この理屈が分かっていないと、定期の現場では上手くいきません。あなたは、どんなケースを想定できますか?

 DVDでは、剥離洗浄をするタイミングについて10のケースを挙げて解説しています。この中でも10個目を的確に説明できるようになると、プロとしての高い技術力を認められやすくなります。それほど、この点を説明している清掃会社は少ないということです。

 なので、この10個目を意識して商談するだけで、お客さんはあなたの会社を勝手に「いい会社」と思うようになります。

【4】剥離洗浄の際に注意が必要なケースとは?

 剥離洗浄は、上手くいけば見た目の結果を出しやすい作業ですが、その結果を出すためには、多くの問題に直面するので油断できない仕事です。
 その理由は、剥離剤という強い洗剤を使うこともありますが、根本的な理由は「多くの水」を使うことにあります。多くの水を使う為に床材や周囲に悪影響を与えてしまうことがあるのです。

 なので、剥離洗浄では、水をまず意識して最新の注意を払って作業する必要があるのです。とは言え、作業スタッフに「水に注意しろ!」と言っても、いつもの表面洗浄と同じように作業してしまうことが多くなるので、ミスも多くなります。

 そのミスを防ぐには、どのような時に何に注意するか?これを的確に伝えておく必要があるのです。DVDでは、具体的に3つのケースを例に挙げて解説しています。

  (1)注意が必要な床材の種類
  (2)床材の状態からの注意点
  (3)作業時間など間接的なことからの注意点

剥離第2部

【1】トラブルを防ぐ準備とは?

 剥離洗浄は、多くの洗剤と水を使い作業時間も多くかかり作業自体がきついことから、多くのトラブルが発生しやすい作業です。そのため、作業前にはトラブルを予測した準備が必要となります。

 多くの会社は、経費や時間の問題からこれらを無視してしまうことが多いのが現実です。そのために、多くの問題を解決できず、クレームになるだけでなく「清掃技術の信用を無くす」という最悪の結果になる会社も出ています。
 
 そうならないために、具体的にやるべきことを4つ挙げて解説しました。具体的には・・・
  (1)床材の損傷・変形・変色に対処するための準備
  (2)作業時間への対処の準備
  (3)作業範囲への対処
  (4)下請けの仕事の場合の注意点と対策

【2】清掃資材の準備のポイント

 剥離洗浄は、たとえ現場を見たりテスト洗浄をしていても、予想外のことが起こりやすい作業です。ですから、ふつうの表面洗浄と違い、道具や洗剤も様々な物を準備する必要があるので具体的に説明していきます。

 最悪なのは、現場に行って足りない物に気付くことです。必要なものが足りない状態で無理して作業することで時間内に終わらないなど...プロの仕事として最悪の状態になってしまう会社が意外と多いので、洗浄方法の次に大切なことです。

 そこでここでは、洗剤・道具・機械・洗浄補助用品の面から解説します。

(1)洗剤類
 剥離洗浄なのだから、剥離剤だけあればいい!こんな風に思っていませんか?いつも行っている定期の現場であれば、それでもいいかもしれません。例え、その日に完了できなくても、別の日にやればいいからです。ところが・・・

 初めての現場でそれをやってしまうと、高い確率で洗浄で苦労することになります。たとえ、現場調査を念入りに行っていても本番では思いも寄らないことが起こるからです。なので、数種類の洗剤を持って行くのがプロとしての当たり前のことなのです。

(2)道具類
 二つ目は道具類ですが、剥離洗浄では極めて重要な準備と言えます。当社が剥離洗浄で相談を受け現場を見に行った現場の中で、通常の2〜3倍時間がかかっているケースの原因の多くは、必要な道具が揃っていないということでした。つまり、必要な道具を準備していなければ洗浄に時間がかかるということです。

(3)機械類
 ここでは、効率的な洗浄をするための機械類について解説します。

【3】剥離洗浄の基本実技

 ここからは、いよいよ剥離洗浄の基本的な実技に入ります。

(1)荷物の移動
(2)養生のポイント
(3)掃き掃除
(4)剥離剤の希釈方法
(5)状況別の剥離剤の塗り方、4つの方法
(6)5つの洗浄ポイント
(7)洗浄方法の基本


●洗浄前にやるべきこと(状況別の洗浄工程)
 多くの場合、剥離剤を塗ったらポリッシャーで洗浄すると言うのが一般的です。しかし状況によっては、すぐにポリッシャーで洗浄しない方がいいことも多くなります。そこで、ここではワックスの状況別の洗浄工程を解説します。

●ポリッシャーでの洗浄ポイント
 剥離洗浄におけるポリッシャーの操作は、表面洗浄と少し異なってきます。理由は、1回の洗浄で落とせないことが多いことと、滑りやすい状況であるためです。なので、剥離洗浄では、表面洗浄と違う動かし方が大きなポイントとなります。

●コーナー部分の洗浄ポイント
  剥離洗浄では、コーナー部分の洗浄に手を抜くことができません。理由は、色の差がはっきりと出てしまう為です。なので、DVDでは、コーナー部分の洗浄のポイントを詳しく解説しています。

●すすぎ洗い
 表面洗浄では、行わないことが多いのですが、剥離洗浄では必須となります。これを省略するとワックスの仕上りに影響が出ることがあるためです。

●水拭き
●ワックスの塗布

剥離第3部

  この剥離洗浄の基本知識と実技<第3部>は、第1部と第2部で公開した基本知識と実技の基づき、剥離洗浄の応用的な作業手順について解説して行きます。

 第1部と第2部の基本的なことだけでも、現場での作業は問題なくできます。しかし、現在は床材の種類も豊富で、しかもワックスの種類も数多くあることから、基本通りにやっても、多くの時間がかかったり、最悪手も足も出ないという事態もでていることは事実です。

 そこで、この第3部では、最近多くなってきた厄介な状況や評価を高める作業法など「応用的な洗浄法」について解説していきます。

 なぜ、このような応用的な作業を知ることが重要かというと、難易度が高い剥離洗浄へ対処するためです。

 剥離洗浄の現場は、やってみないと分からない厄介な作業です。そのため現場での難易度の見分けで失敗すると、その仕事は赤字転落ということになってしまうことがあります。また逆に難易度を高く見すぎて価格競争に負けてしまう、ということもでてきます。

 そのほか、下請会社に依頼する時、難易度が高い剥離洗浄が可能なのか?と...下請会社の技術力の見分けも必要となります。下請会社が失敗すれば、結局自分のところに後始末がまわってくるからです。

【1】剥離の見積りで失敗する原因

 剥離洗浄は、既存ワックスの状況により作業時間が大きく異なってくることから、見積りで失敗することも多くなってきます。しかし、そうかといって作業上の要因から見積りをすると、多くの場合、高すぎて成約できないという結果になってしまいます。

 そこでここでは、作業上の要因から見積りで失敗しないために必要な現場での対応策を解説します。それを元に商談や見積りをすれば、見積りの勝率が確実にアップしてきます。

【2】下請会社に依頼する時のチェックポイント

 下請会社に仕事を依頼した時、現場の状況によっては、金額の折り合いがつかないことが出てくると思います。
 その理由は、下請会社は、難易度が高いと判断した時、まず人数を増やして、その分を割増し価格で受注したいと考えるからです。または、時間がかかるという理由から高い金額を要求してきます。

 あなたが元請会社であれば、提示した金額の範囲でやってほしいと思うはずです。しかし、多くの場合、交渉が難航してしまいます。景気のいい時代のように、利益が多い仕事であれば、金額面の問題も早く解決できますが、現代のように、利益が少なくなっている現状では深刻な問題になっています。

 強引に仕事を押し付ければ、当然のことですが、手抜き作業やミスが連発してしまうのでクレームが多発してしまいます。

 では、どうすればいいでしょうか?

 それは、下請会社の技術力を見極めることと、技術が不足している時はアドバイスすることです。このDVDでは、下請会社の技術力を見極めるための「質問」とアドバイスするための「難易度が高い剥離洗浄」の方法を知ることができます。

【3】難易度が高い剥離洗浄とは?

 ことばで「難易度が高い剥離洗浄」と言われても、具体的にどんなケースなのか?分かりにくいので、一般的にプロでも苦労する剥離洗浄の例を挙げてみました。このDVDでは、代表的な7つのケースを挙げてみました。
 
 現場調査の段階で、この7つのどれかに該当する時は、見積り・洗剤や道具の選択から洗浄まで気を抜けない現場となります。なので、作業スタッフへはいつも以上にやり方の注意点などをアドバイスして下さい。

 一番いけないのは、難易度が高いということに気付かずに、いつものように作業して失敗してしまうことです。単に失敗するだけならばいいのですが、取引きがなくなってしまうこともあるので、難易度の高い剥離洗浄の見分けは極めて重要になってきます。

【4】難易度の見分け方

 難易度が高いか低いかで作業時間が大きく異なってくるので、この見分けは現場調査では極めて重要となります。

 ところが、ここを中途半端にしてしまうために、作業で痛い目に合っている方が多いのです。私のところに相談の電話が来る場合、ほとんどがこの見分けが中途半端なことが原因となっています。

 つまり、現場調査の段階で手を抜いた為に、準備不足となり大幅に時間オーバーとなったり、落としきれずにクレームとなっているということです。

 剥離洗浄における難易度は、既存ワックスの状況が大きなポイントとなってきますが、多くの場合、既存ワックスの厚みを見た目だけで判断しています。だから、失敗してしまうのです。そこでこのDVDでは、「難易度の12の見分け方」を解説します。

【5】ワックスが厚い時の洗浄法

 難易が高いと判断した場合、剥離剤の性能に焦点を当てがちになります。決して間違いではありませんが、それだけでは難易度が高い現場で戦うことはできません。剥離剤以外にもスポットライトを当てて作業する必要があるのです。

 たとえば、温度です。洗剤は、温度が高いほど効果が高くなるので剥離剤はお湯で希釈するということはプロであればご存知だと思います。しかし、多くの場合、そこまでしかやっていないのが現状です。ではそのほかに、どんなことをするべきでしょうか?

【5】プロとしての評価を高める作業方法

 剥離洗浄は、表面洗浄に比べると何倍も洗浄難易度が高い作業です。洗浄難易度が高いということで、使用する剥離剤や機械類にフォーカスされがちです。

 しかし、最高の仕上がりにして清掃会社としての評価を高めるには・・・
もっと別の視点で作業に取り組む必要があります。そこで今回は、そうじのプロとして評価を高める方法の一例をDVDで解説します。


申込みはこちらをクリック
携帯からはこちらをクリック!

■販売の概要■

剥離DVD

  ●販売価格:定価 37,800円(税込・送料無料)のところ...
   セット価格:29,800円(税込・送料無料)


   更に・・・
   床表面洗浄の基本を解説した「床清掃の基本知識DVD3本セット」も
   一緒に購入すると、6本セットを49,800円で買うことができます!

  ★収録時間:第1部(50分)第2部(60分)第3部(52分)
  ★解説:高根哲也(おそうじ情報館)
  ★制作・著作:おそうじ情報館

■申込みからお支払まで■

(1)申込みフォームからの申込み
  以下のボタンをクリックし、申込み手続きをして下さい。


申込みはこちらをクリック
携帯からはこちらをクリック!


(2)お電話による申込み
 電話番号 03-3657-5161(カイユウ商事 高根まで)

 <受付時間>
 月〜金曜日・・・・9:00〜19:00
 土曜日・・・・・・9:00〜17:00
 日曜日・・・・・・9:00〜12:00
          (日曜日は不定期に休業となっています)

(3)ファックスによる申込み
  商品名・会社名・お名前・ご住所・お支払方法・電話番号・FAX番号を明記の上、以下へFAXをお送り下さい。
 FAX番号 03-5612-7154



<お支払いのご案内メール>

●「申込み手続き」を完了後、24時間以内に「お支払いのご案内」のメールをお送りいたします。自動返信メールではないのでご注意下さい

<お支払いについて>

(1)代引き
●商品のお届け時に宅配便業者にお支払い下さい。代引き手数料は無料です。


(2)振込み
●申込み後に返信されるメールに振込先が記載されていますので、申込み後5日以内にお振込下さい。


(3)クレジットカード(1回払い)

ソリューション画像
PayPalによる決済となります。申込み後の「お支払いのご案内」のメールに決済用のURLが記載されていますので、それをクリックしてください。申込み後5日以内に決済手続きをして下さい。

★携帯電話からは、カード決済できません。ご注意下さい。
★電話・FAXでの申込みの場合、カード決済はできません。

●PayPalのアカウントを持っている方は、パスワードを入力しログインして下さい。
●PayPalのアカウントを持っていない方は、画面右下の「PayPalアカウントをお持ちでない場合」をクリックし、カード番号などを入力し決済して下さい。


★決済方法等で分からないことがありましたら、高根までご連絡下さい。
(03-3657-5161)

<お届けについて>

(1)代引きの場合
●申込み後3日以内に発送いたします。但し、ご注文が集中してしまった場合は、発送まで3日以上かかることがあります。

(2)振込みの場合
●入金確認後3日以内に発送いたします。但し、ご注文が集中してしまった場合は、発送まで3日以上かかることがあります。

(3)クレジットカードの場合
●カード決済確認後3日以内に発送いたします。但し、ご注文が集中してしまった場合は、発送まで3日以上かかることがあります。

 

申込みは以下のボタンをクリックして下さい
↓↓↓↓↓

申込みはこちらをクリック
携帯からはこちらをクリック!

<販売会社情報>
会社案内 特定商取引法に基づく表示
<お問合せ>
おそうじ情報館
カイユウ商事  担当 高根
 東京都葛飾区細田3-35-8  TEL03−3657−5161 
info@kaiyuu.com